ダイエットを成功させる糖質の摂り方

おはようございます。
リセットボディ
美容ダイエット整体師
鈴木 正道です。
体重の増加、運動不足、
体調不良や痛みでお悩みの皆様へ
皆様が少しでも健康になれる
ダイエットお役立ち情報を
発信させていただいています。
皆様の悩みや苦しみが
少しでも改善いたしますように
お力になれれば幸いです。

今日は
太りにくい

上手な糖質の摂り方について

お伝えさせて頂きます。

youtubeでご覧になる方はこちらから↓

一時期世の中には
爆発的に糖質制限
メディアで取り上げられる
機械が増え、多くの方が
糖質制限をすることで
ダイエットに挑戦することが
増えました。

しかし糖質制限をすることに
デメリットもあります。
糖質制限や低糖質など様々な
言葉が出回っているため、
どっちつかずになっている
ことも問題となります。

完全に糖質を制限した場合は、
脂質からケトン体という糖質の
代わりになるエネルギーを
生産してくれるため、
糖を体から絞り出す反応である
糖新生」という機能を使わない
体質になります。

この糖新生のデメリットは
一日に80g程度の糖しか
生産できないため、
本来脳だけでも120gの糖を
一日に消費するので、
糖質制限による
ダイエットではエネルギー不足や
空腹感に悩まされることになります。
また、糖をひねり出すために
筋肉を分解してしまうため
結果的に筋量が減ることで
体重は減少しますが、同時に
筋が減ることで代謝が下がる、
運動機能が低下するといった
デメリットがあります。

なので糖質制限をするならするで
完全に糖質制限をしないと、
糖新生によるデメリットが起きてしまい、
結果的に空腹感に悩まされたり、
筋量が落ちてしまい結果的に
リバウンドしやすい体になってしまうので
注意が必要です。

こうしてきいてみると
じゃあ完全に糖質制限すれば
いいんでしょ?となりますが、
そうではありません。

本来食事から糖質を摂取すると、
血液中の血糖値が上昇します。
その上昇した血糖値は
インスリンというホルモンが働き、
血糖値をコントロールしています。

インスリンは臓器・細胞に
糖を取り込みエネルギーとして
利用するのを促します。

糖質制限をすると、
インスリン分泌能力が低下します。
またインスリンの利きが悪くなる
インスリン抵抗性という状態になり、
糖をうまくエネルギーとして利用できなくなり、
余った糖が脂肪として蓄積しやすくなります。

なので3ヶ月だけ糖質制限して
ダイエット頑張るぞー!なんて
やってみるとその後にリバウンドしやすい
体が完成しているので残念な結果になります。

結局糖質制限をしても
低糖質ダイエットをしても
その後のデメリットに苦しむことになるので、
おススメは上手な糖質の摂り方を
知ることがとても重要となります。

結局重要なのは血糖値が急激に
上昇することで糖がエネルギーに
変換しきれずに脂肪に変換されて
しまうことです。

そのため、自分が摂取することで
急激に血糖値を上げてしまう
糖質を知っておくことが重要です。

一般的にはGI値というものが
インターネットで検索すると
出てくるので参照していただけると
利用しやすいです。

GI値が高いほど血糖値が急激に
上昇しやすく、
GI値が低いほど血糖値の上昇は
ゆっくり、なだらかになります。

急激に血糖値が上がると
インスリンが多量に分泌され
急激に血糖値が下がることで
すぐに空腹感を感じたり、
集中力がきれてしまうので
間食を欲する原因になります。

こういったGI値を知ることも
糖質を上手にとるために
必要な重要な知識ですが、

今回は自分で血糖値を測定して
普段通りに食事をしたり、
自分が好きな食事をしてみたりしながら
24時間血糖測定を2週間実施する
方法もご紹介します。

実際に自分の食生活を
血糖測定で知ることは、
自分の生活を見直す重要な
きっかけになります。

今回はyoutubeで私の
2週間血糖測定をした結果と
説明をしていますので是非
ご覧ください。

普段食べている昼食の弁当の
血糖値の上がり具合や、
私の大好きなアイスカフェラテに
ガムシロップを入れて飲んだ場合と
ガムシロップなしで飲んだ場合の血糖や

レッドブル・ポカリスエットの
血糖の変化、

また、断食中の血糖の推移など
説明させて頂いていますので
是非ご覧ください。

一般的に良いとされている食事でも
自分の血糖コントロールではどうなのか
知ることは健康に直結します。

今回測定に使用している測定機器は
フリースタイルリブレという測定器で
センサーを腕に着けて
子機を持っていると血糖値が14日間
計測され続けるというものです。

こちらの機器は医療関係者では
ない方はむやみに挑戦しない方がいいと
思いますので私の検査結果を
お楽しみください。

結局は食べて食後血糖値が140以上に
なってくると糖が余って脂肪になっていくので
実際測定して140を超えているのであれば
食べ過ぎかた摂り方を注意する必要が
ありますね。
皆様の参考になれば幸いです。

皆様が健康で幸せな毎日を送れますように
今日も一日良い時間をお過ごしください。
美容ダイエット整体専門
リセットボディ
鈴木正道
フェイスブックシェアよろしければ
よろしくお願いいたします。

 

よろしければyoutubuチャンネル登録

お待ちしております↓↓↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 自律神経失調症 頭痛改善体質になるためのポイント

  2. 手の痺れを治すセルフメンテナンス 特別ご紹介

  3. 痩せたい人が痩せられない理由

  4. 痩せたい人が痩せられない理由

  5. 初めての方へ

  6. 私が自律神経専門整体院を作った理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINE@友達追加

FBページ

関連サイト

 

 

 

YouTube