痩せたい人が痩せられない理由

おはようございます。
リセットボディ
美容ダイエット整体師
鈴木 正道です。
体重の増加、運動不足、
体調不良や痛みでお悩みの皆様へ
皆様が少しでも健康になれる
ダイエットお役立ち情報を
発信させていただいています。
皆様の悩みや苦しみが
少しでも改善いたしますように
お力になれれば幸いです。

今日は
痩せたい人が痩せられない理由

~脂質編~

についてお伝えいたします。

youtubeでご覧になる方はこちらから↓

 

皆さんダイエットしようとしても
うまくいかないことって多いですよね

しかし、皆さんがやる気がなかったり、
人のアドバイスをきかなかったり、
根性がないからダイエットが続かないと
思っていませんか?

もしかしたら、
あなたがついつい食べてしまう
甘いものは、脂っこい物は
必要だから体が欲しているのかも
しれません。

特に女性の方にとても重要ですが、
男性の方にも当てはまる内容かもしれません。

そもそもなぜ太るかというと、
皆さん御存知のカロリーオーバーという言葉
カロリーの取りすぎだから太る。
その一点だけしか見えていないのが
一般的な認識ですね。

今回はカロリーの質について
まずは触れていこうと思います。

そもそも栄養には3大栄養素
糖質・脂質・たんぱく質がありますが、
このうちどれをとってもカロリーは摂取できます。
常識的な話で
糖質・たんぱく質が1グラムあたり4㎉
脂質が1g9㎉


脂質を摂りすぎると太るのはこういった
カロリーの違いによるものです。
なので皆さんは脂質を制限することは
ダイエットで重要なことは分かっていると
思いますが、脂質を制限しすぎると
それはそれで問題が起きます。

脂質は細胞の膜の材料になったり
ホルモンの材料になります。


脂質はエネルギーであるとともに
細胞の表面を覆う膜の材料であったり、
脳神経のほとんどは


脂質が材料となっているため
自分の体がボロボロになってしまいます。
当然、カロリーが足りている、足りていないに
関わらず、まず材料がなければ
体を維持することができず痩せる前に
体がボロボロになってしまいます。

糖質・脂質・たんぱく質はバランスよく
摂取する必要があります。

脂質が足りていないことで私が思う
重要な問題は、
血液の成分である赤血球の質も
脂質の摂取状態によってよくも悪くもなる
ということです。

赤血球は栄養を運ぶ役割や、酸素を運ぶ
役割を持っているので、
この赤血球の質が低下してしまうと
どういったことが起きるか?

ちょっと難しいかもしれませんが、
人の体のエネルギーは
大きく分けて2つの方法で
摂った栄養からエネルギーが作られています。
その2つの方法とは
酸素と栄養を使ってエネルギーを生産する方法と
酸素を使わずにエネルギーを生産する方法です。

 

赤血球の質が落ちて、血液が酸素を運ぶ能力が
低下してしまうと、
酸素を使わない方法でのエネルギー生産しか
できなくなってしまします。

 

酸素を使わないエネルギー生産方法では
微量のエネルギーしか作ることができないため
早々にエネルギー不足を感じてしまいます。

そうなるとどうなってしまうかというと
また食べたくなってしまいます

特にこの酸素を使わずにエネルギーを作るには
糖質を使ってエネルギーを作るので、
糖をとってもとってもエネルギーが足りない
感覚になってしまいますが、
それは酸素が行きわたらないために起きている
不足感であるため、そこで食べ過ぎてしまうと
糖質以外の栄養素が余ってしまい、
余ったエネルギーは脂肪として蓄積されてしまうので、
余計に太りやすくなってしまいます。

痩せたいのに痩せられないひとは
とにかく燃費が悪く、すぐ食べなければ
元気がなくなってしまう人が多いです。

それは、食べているものの質によって
今回は脂質の質によって
酸素を運ぶ能力が低下してしまうことによる
食べたものをエネルギーとして利用する
能力が落ちていることが原因です。

最近健康に良いと言われている
オメガ3という不飽和脂肪酸という油、
青魚の油や、えごま油、亜麻仁油といった
油の種類は、赤血球の質を良好にし、
体の隅々まで酸素を届けてくれるのに
役立ってくれます。

よく痩せる油ということを聞くこともありますが、
油は9㎉なので摂りすぎて痩せることはまず
ありえまんせんが、
赤血球や細胞の質を整えることで
酸素の運搬能力や栄養の運搬能力が向上し、
普通の食事でも効率よくエネルギーが作れるようになり、
間食を必要とするような燃費の悪い体から改善されると
結果的に痩せることがありますね。

糖質制限や脂質制限も摂りすぎな人にとっては
ある程度量を減らす必要はあると思いますが、
完全に摂らないという選択は
体の仕組みから言えばデメリットがあり
余計痩せにくくなる、ダイエットが続かない
原因になってしまうのでご注意ください。

油は種類と量がキーポイントです。

どんな油がおすすめですか?と
よく言われるので最後にご家庭で使うのに
おすすめな油をお伝えします。

家で普段使っている油が
キャノーラ油やサラダ油といった
種類の物であれば
和食であれば「こめ油」
洋食であれば「エクストラバージンオリーブオイル」に
変えて頂き、
マーガリンは捨てて頂ければ
体に悪い油を摂取する機会がいだいぶ減らせます。
毎日使う自宅の油は体への影響が大きいので
ご注意ください。

皆様が健康で幸せな毎日を送れますように
今日も一日良い時間をお過ごしください。
美容ダイエット整体専門
リセットボディ
鈴木正道

フェイスブックシェアよろしければ

よろしくお願いいたします。

 

よろしければyoutubuチャンネル登録

お待ちしております↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 自律神経失調症 頭痛改善体質になるためのポイント

  2. 痩せたい人が痩せられない理由

  3. 自律神経って難しくてわかんない(笑)

  4. ダイエットのモチベーションを保つ重要ポイント

  5. ダイエットを成功させる糖質の摂り方

  6. 頭痛でお困りの方へ 頭痛から解放されるポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINE@友達追加

FBページ

関連サイト

 

 

 

YouTube