手の痺れを治すセルフメンテナンス 特別ご紹介

 

 

みなさん こんにちは

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

 

手の痺れの原因は様々あるのですが、

 

非常に多いのが胸郭出口症候群です。

 

なので、本日は胸郭出口症候群についての基礎・メンテナンスについてお伝えさせて頂きます。

【胸郭出口症候群について】

胸郭出口症候群は、斜角筋、鎖骨、第一肋骨、小胸筋などで腕神経叢などの通り道を競作することから起こります。

 

神経や血管を圧迫、牽引してしまうことによって起こる一群の症状のことをいいます。

 

 

【胸郭出口症候群のセルフメンテナンス 一覧】

セルフメンテナンス 1つ目:斜角筋による問題(斜角筋隙)

 

説明:この部位は、「前斜角筋」「中斜角筋」「第一肋骨」の3つが構成する三角形の隙間のことをさします。ここに腕神経叢の神経束と鎖骨下動脈が通ります。

 

セルフメンテナンス 2つ目:小胸筋による問題

 

説明:この部位は肩甲骨の烏口突起と小胸筋の間に通る腕神経叢と鎖骨下動脈を圧迫することによって起こる痛みと痺れです。

 

セルフメンテナンス 3つ目:鎖骨と第一肋骨の間で腕神経叢と鎖骨下動脈、静脈を圧迫することによって起こります。

 

胸郭出口症候群・腕神経叢麻痺の場合は、

上記の3パターンでほとんど変化が出ますのでしっかり行ってみましょう。

 

 

最後まで動画を見て頂きまことにありがとうございました。

 

Bodyナビ 代表 山口拓也

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 頭痛でお困りの方へ 頭痛から解放されるポイント

  2. 私が自律神経専門整体院を作った理由

  3. 自律神経って難しくてわかんない(笑)

  4. 初めての方へ

  5. ダイエットのモチベーションを保つ重要ポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINE@友達追加

FBページ

関連サイト

 

 

 

YouTube